www.diamondplateplantstands.com

お店で全部のカードが使用できるのでもない□カード会社の加盟店舗は一般的には、ときには5を超えるカードとライセンスを結んでいるんですが、いかんせん加盟店舗で全部の会社の契約カードが決済可能なのではありません。一例をあげると昔ながらの加盟店の場合だとJCBのロゴの書いたクレカしか使えないときもありますしこの頃の加盟店なんかではVISAとマスターカードブランドのクレカのみしか使用不可な場合もよくあります。銀聯カードなどのカードの場合はさらに決済できない店舗が増えると思います。何のクレジットカードが使用可能かというのをいかにして判断するといいものか?「ならいかにしてどのような所有カードが切れるかを判断したら良いのか?」という質問ですが正しく知るんだとすると店舗の方に確認してみるのみしかないというのが実はその答えです。とはいえおおよそのお店やショッピングセンターにはお店の分かりやすいところなどに使用可能なクレジットカード会社の案内がプリントされている加盟シールが掲示されているんで、「そうなんだ、あそこの店はVISAカードが決済できるんだな」という感じで分かりやすいようになってるため記憶にとどめておいてください。いっぽうで、正しく管理が出来ていない加盟店で決済する場合には、ロゴマークが掲載されている状況でも「ここではご使用のカードは決済いただけません」などという対応を受けてしまうなどということもないともいえず冷や汗をかいてしまうこともなくもないです。贅沢をいえば可能な限りは全部の加盟店でカードが使用できるようにするためにも、別の種類の印(欧米圏のブランド)がプリントされた一般的なマスターカードアメリカンエキスプレスカード、等のカードをいくつか使えるようにしておくようにするようお勧めします。(例:ライフカードを契約しているなら二枚目はディスカバーカードがついているクレカを申し込むといった方法)。とりわけ日本においては、VISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのカード会社が入っているクレカを日ごろから携帯しておけばほぼ全国の加盟店でいずれかのクレカを差し出すよう準備できていることになります。クレカを使用して有効に節約を続けていくには、きっちりと上記のクレカを作っておいていただくようお勧めします。