www.diamondplateplantstands.com

「スプレッド」とは外為取引は通貨を売り買いして利益を狙う取引です。売買の値段は、動いています。これがレートです。ニュースサイトを見ていると、外貨の情報が流れます。「今日のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。言い換えると、売り買いには買値と売値の値段があるという事です。売値のことをBID、買値のことをASKと示しているFX会社も存在しています。通常は売値の方が買値よりも安い価格に設定されるものです。現実に買値は高く、売値は安くなるのが普通です。その差をスプレッドといい、取引会社の収入となっています。スプレッドはFX取引会社によって異なります。スプレッドの広さは自分にとって支出となるので狭い取引会社をピックアップしたほうが儲けられます。ただ、同じFX会社でも状況によってスプレッドは変わります。日常的には円とドルの組合せで1銭のスプレッドであっても、相場の動きが大きい状況では広くなったりする場面があります。という事で、スプレッド幅が狭いのと同じく、変化が少ない事が大事です。最近では変わらないスプレッドの広さを表示する業者もたくさんあります。リアルにFX取引会社の売買画面上で実際の為替相場を調べなければ判断できないのですが必要不可欠な事です。大事な資金を預けて売り買いをするのだからリアルな売り買いの前に心惹かれたFX業者の新しい口座開設をして、示されているスプレッドの狭さを見ておきましょう。同じ通貨でもその時間帯の為替のボラティリティによって、スプレッドの狭さは変化します。おおむね、インターバンクで流動性の高い外貨ではスプレッドが狭くその他の通貨ペアではスプレッドの幅が広くなるのが一般的です。